ご挨拶


「販売」を通じて「幸福」と「繁栄」の創造を

株式会社フロンティアテクノロジー

代表取締役社長 佐藤 康崇

「この商品には価値がないのかも。」

 

起業前、営業の第一線で仕事していた時代に、あまりの不振続きでこんな呟きをもらしたことがありました。

 

営業マンの不振が続くことは、自分への「自信」、仕事への「熱意」が失われていくだけではなく、会社にとっても事業継続に関わる大きな問題です。

 

こうしたプレッシャーの中で、もがくようにさまざまな書籍を読み、セミナーや研修に参加し、諸先輩の話を聞き、何度も壁にぶつかり、試行錯誤を通じて「営業・販売」の手ごたえを実感できるようになりました。

 

営業で成果を出ると「心の底から自分の仕事に「誇り」を持つことができる」ようになり、「自分の会社が、社会の役に立っている実感」を持てるようになりました。

 

また前職では、特殊バルブを海外に販売する仕事に携わっていました。日本の技術が、国家を豊かにする、世界を変えるということを実際に体感することができました。

 

私は営業・販売の仕事を通じて、モノやサービスが「売れる」ということは、人間社会にとって本当に大切なことであると実感しました。

 

「新しい出会いや体験」

仕事を通じた深い喜び、成長」

「家族を物心両面から幸福にできる」

 

という個人的な側面に加えて、

 

「新しい技術による社会の進化」

「新しい富の創造」

「文化や文明の向上」

「未来社会の創造」

 

など。この社会は「企業による事業活動」を通じて、人間が幸せになれる仕組みになっているのだと感じています。

 

そして「営業・販売活動」こそ、この事業活動のなかでも一番エキサイティングで、かつ、多くの方の幸せ、社会の繁栄にストレートに貢献できる仕事であると考えています。

 

上記のような自分自身の経験から、「技術営業」「用途開発営業」の代行業を立ち上げました。

 

営業不振の企業様

もっと拡販したいが、営業マンの教育に手が回らない企業様

人材不足から営業そのものに手が回っていない企業様

独自技術の販路をうまく開拓できない企業様

海外に販路を開きたい企業様

 

そうした皆様の営業・販売活動支援(提案営業・技術営業)を通じて、関わる方や企業様、そして国家や世界の繁栄に貢献したいと心から願っています。

 

代表取締役社長 佐藤 康崇



 

佐藤 康崇 プロフィール:

老舗バルブメーカーで海外営業のプロジェクトチームを担当。大手エンジニアリング会社を相手に海外の大型プロジェクトに参画し、トップセールの営業成績を残す。 また、ベンチャー企業の立ち上げで国内外に新規取引先の開拓、代理店施策を立案し、10年で25億の売り上げに貢献。 その後装置メーカーのベンチャー企業で執行役員に就任し、大手化学ユーザーへの販売の実績を作る。 2020年3月株式会社フロンティアテクノロジーの代表取締役社長へ就任。